ホーム > 北海道の幼稚園 > 札幌市東区の幼稚園 > 幼保連携型認定こども園 せいめいのもり

  • 幼保連携型認定こども園 せいめいのもり詳細情報
  • 未就園児クラス・プレ幼稚園
  • 幼保連携型認定こども園 せいめいのもり周辺環境
住所 〒065-0010
北海道 札幌市東区 北10条東14丁目2番8号
最寄駅・アクセス方法 地下鉄東豊線 環状通東駅
電話番号 011-721-6750
※お問い合わせの際は「幼稚園ねっとを見た」とお伝えください。
ホームページ https://www.seimeigakuen.ed.jp
設立 昭和41年1月8日
定員 300人
教職員数 68人
卒園児・主な入学小学校 苗穂、北光、東光、明園、開成、北9条、中央、美香保、元町北、元町、本町、北園、桑園、幌北
園の特徴 課外教室/預かり保育/障がい児入園相談/英語教育/送迎バス/給食/入園見学会
幼保連携型認定こども園 せいめいのもり
QRコード
大きな地図を開く
資料請求できません

資料請求ボタンが表示されている幼稚園にはインターネット上から資料を請求する(無料)事が
できます。右の画像をクリックして資料請求ページへお進みください

幼保連携型認定こども園 せいめいのもりの様子

  • 自発的な遊びが大切です!
  • こころとからだ、まるごと全部で遊び込む園庭
  • 自ら徹底的に『生きる』ことの大切さを知ります。

園長先生からのご挨拶

園長先生のお名前:司馬 政一
人間は本来離巣本能を持ち、生まれた時から自立への歩みが始まります。しかし、乳幼児期は、仮想と現実、考えていることと手足の動作など、まだ分けて考えたり動けたりできない『未分化』の時期です。だからこそ、彼らにとって生活そのものである「遊ぶこと」が学びにつながり、その遊びによって発達していくのです。
遊びによって知りたい!やりたい!の意欲が引き出されると、探究心や忍耐力(根気)が生まれます。そして、集中力、創造性、仲間との協同性といった生活に必要な術を、体験的に身につけていきます。時には、危険・苦痛・不快・不便さを味わうことがありますが、それは深く思考することを覚え、まさに「生きぬく力」へとつながるのです。
『保育』とは、子どもの心をつむぐこと、子どもが育つための環境を保証してあげることです。小さい壁を幾度となく乗り越える環境が子どもを育て、保育者も決して引き上げることばかりではなく、心に寄り添いながら支えることが求められています。意図的に声をかけたり、じっくり子どもを観察して見守ったりするバランスを保育者が考えていくことで、子どもの自己肯定感や自己有能感を育てます。

幼保連携型認定こども園 せいめいのもりの紹介

子どもの育ちを保証する『保育』であること
・子ども自らが選択し遊び込む多様なコーナー遊び
・子どもの心をくすぐる、起伏に富んだ川の流れている園庭
・管理栄養士によるアレルギーや食品添加物に配慮した自園調理
・合成洗剤や芳香剤等使用しない化学物質を排除した環境
・絵本専任の教師による読み聞かせや貸出、自然体験活動

幼保連携型認定こども園 せいめいのもりの教育方針

『もり』の記憶は『生きぬく力』へ
子どもにとって遊びは生活そのもの、学びそのものです。遊びを通して多くの経験を重ねるなかで、生きぬく力を獲得していきます。遊びに 没頭することで「集中力」を、子ども同士のかかわりから「集団生活のルー ル」を、自分以外の誰かから認められ、求められることで「自己肯定感」 を育みます。子どもが遊びこめる環境づくり、子どもの心を育てる保育 者のあり方を見つめ、「人・物・時間・空間・自然」などあらゆるものを、 子どもの視点で考え、子どもの心に寄り添った温かい保育を目指します。

詳細は要覧等をご請求の上、ご覧ください。また、見学日を設けていますので、園までお尋ねください。

幼保連携型認定こども園 せいめいのもりの入園案内

ご入園前に必ずご見学ください。
0歳(5か月以上)~5歳児までの入園をしていただけます。
・1号認定こどもの入園は、園で直接手続きをします。
・2・3号認定こどもは、東保健センターでご確認ください。

※入園に際しては、必ず見学をしていただきますようお願いします。

なお、未就園児親子教室『つぼみ組(2歳児)』や、月1回園開放日『あそぼうDAY』を行っています。その他詳細は園にお尋ねください。

幼保連携型認定こども園 せいめいのもりの月謝・費用

保育料:3号認定こどもは、所得に応じて変わりますので、札幌市こども未来局のHPをご覧ください。
・特定保育料:5,000円(3歳~5歳)
・給食費:5,000円(1号)、7,500円(2号)
・バス代:2,000円
その他詳細は園にお問い合わせください。

幼保連携型認定こども園 せいめいのもりの一日

8:00〜14:30 7:00〜8:00までは早朝保育(1号と2号短時間利用者は有料)。その後、徒歩で通園のお子様は上記の時間で保育を行っています。4月の数日を慣らし保育期間として、また、その他年に数回午前保育を行っております。詳細は園までお尋ねください。
8:00〜10:30 園庭、ホール、おうち、作って遊ぼう、絵の具、木工等の各コーナーにて年齢に関係なく遊びます。
10:30〜13:15 各クラスにて集団による活動&昼食を食べます。
13:00〜14:00 午前同様各コーナーで遊びます。
保育後〜19:00 1号認定こどもの一時預かり事業『わんぱくクラブ』利用者と2号認定こどもが、引き続き家庭的な雰囲気の中でゆったり過ごします。

幼保連携型認定こども園 せいめいのもり年間行事

4 月 ・入園のつどい
・身体測定
10 月 ・消防車見
・お楽しみ会(宿泊を伴わない年長のみの特別な日です)
5 月 ・クラス参観
・交通安全教室
11 月 ・クラス参観・懇談
・発表会
6 月 12 月 ・個人面談
7 月 ・せいめいまつり 1 月 ・身体測定
8 月 ・参加日
・身体測定
2 月 ・入園説明会
9 月 ・観劇会
・わんぱくフェスティバル
3 月 ・お別れ会(年長)
・卒園式
・修了の日
その他 ・親子キャンプ(夏、希望者のみ)
・おやじの会主催の各種イベント
関連する記事

幼稚園ねっとお勧め商材

ページトップへ戻る